トップ

重要な医師免許の取り扱い

正式な医師免許が必要

医師免許の確認と保管

正式な医師免許がなければ患者のケアは行えず、罰を受ける事になります。まれに偽装免許で診察を行う人間がいるので注意が必要です。このような不正を予防するためには第三者が定期的にそれの確認を行う事です。厳しいチェックシステムを設けなければ不正をする人間を減らす事は出来ないです。多くの場合、医師の免許は病院内の倉庫等に厳重に保管されています。定期的にそれの更新を行います。その時に保管場所からなくなる危険性があります。病院の担当者等は定期的に保管場所でそれを管理した方が良いです。それをする事によって安定した環境の下で管理できるだけではなく、きれいな環境の下で管理を行えるからです。それがない人物を雇用していた場合、当人だけではなく、雇用をしていた医療機関の社会的責任は重大です。患者への安定的な医療サービスの提供を維持するためにもそれの定期的な管理や確認は重要になります。普通に管理や確認業務をしていれば特に問題はないです。

免許を取るために必要なこと

医師免許は、法律の規定の下に付与される国家資格です。これを持っていない人が医療行為を行うと、法律違反となります。この資格を取るためには、多くの試験を乗り越える必要があります。まずは、大学の医学部に入るための試験に受からなければなりません。病理学などの授業を受けたり解剖の実習を行ったりして経験を積み、知識とスキルを習得します。それらのカリキュラムを終えると、国家試験の受験資格が付与されます。国家試験は年に1回しか行われませんが、合格率は90%程度とかなり高いので、しっかり授業を受けていればまず落ちることはありません。ただし、国家試験に合格した時点ではまだ「研修医」という身分なので、病院で働くことはできるものの、賃金が安かったり、業務の範囲に制約があったりします。研修医として2年働けば一人前という扱いになり、診療や開業が可能になります。ちなみに、医師免許には更新という制度はないので、一度取得すれば生涯有効です。

↑PAGE TOP

© Copyright 重要な医師免許の取り扱い. All rights reserved.